40代女性に役立つ情報局

いつもキラキラと輝く女性でいられるように役立つ情報をお届けします。

バイキングで夏のお掃除術と予防!エアコン・換気扇・冷蔵庫!

      2016/07/10

フジテレビ、2016年6月29日放送
「バイキング」で夏のお掃除術が紹介されました。

紹介してくださったは掃除のスペシャリスト!

羽田空港のカリスマ清掃員の新津春子さん、
おそうじ本舗の技術アドバイザーの尾崎真さん、
日本清掃収納協会会長の大津たまみさんです。

家であるもので簡単にできる夏のお掃除術をまとめてみました。

スポンサーリンク

夏こそすべき大掃除スポット3つを紹介!

今回は、内藤剛志さんのお宅を訪問しました。

掃除のカリスマの新津春子さんと尾崎真さんが
内藤さん宅をチェックしてお掃除術を紹介してくれました。

1位は、エアコン

夏は、ほこりや湿気でエアコンにカビが生えやすいそうです。

エアコンの吹き出し口をのぞき込み、
風向版に黒い点々があったら、それはカビだそうです。

カビは夏から秋に繁殖するので
今の時期に掃除をしておくのがオススメです。

今回、内藤剛志さん宅は去年9月に
エアコンのクリーニングを呼んだそうですが、
中をのぞくとカビの繁殖がみられ驚いた様子でした。

◆エアコンのカビ取り術

わりばし、キッチンペーパー、お湯(50℃)

割り箸にキッチンペーパーを巻いて、50℃のお湯に浸します。
吹き出し口についている汚れをこすって落とします。

お湯で拭くだけでも繁殖の防止になるんです。

ちなみに尾崎真さん曰く
洗濯機もカビが生えやすいそうです。

こちらは、50℃のお湯と漂白剤を入れて
洗濯機を回し、つけおきするとカビが落ちるそうです。

第2位は、換気扇

換気扇を夏に掃除すべき理由は2つあります。

1、冬は油が固まってしまうが、夏は溶けて汚れがとれやすい

2、換気扇が汚れることにより吸引力が弱まると
エアコンに汚れた空気が集まり、油汚れが部屋中に広がってしまう。

◆換気扇のファンの掃除術

換気扇の頑固な油汚れを楽に落とせちゃいます。

1、ごみ袋にファンをいれて食器用洗剤をたっぷりとかけておきます。

2、そこにお湯(50℃)を入れて、空気を抜いて10分間つけおきます。

3、わりばしや歯ブラシで汚れを落とします。

冬場はお湯がすぐに冷めてしまうため、
夏場がつけおき洗いのチャンスだそうです。

第3位は、冷蔵庫

冷蔵庫は夏に開け閉めする回数が増え、
油やホコリなどが溜まりやすいそうです。

さらに扉の裏側のポケットやゴムパッキン・
扉の側面などにカビが繁殖しやすいんです。

◆冷蔵庫の掃除方法

50℃以上のお湯でタオルを絞って、汚れを拭きとる。

細かい部分の掃除には竹べらの先端を
タオルで包み当てると窪みの部分にも対応できます。

こうすることで熱に弱いカビや雑菌などを
キレイにふき取ることができます。


スポンサーリンク

掃除の回数を減らすための予防掃除術

日本清掃収納協会会長の大津たまみさんがお掃除術を紹介してくれます。

浴室のカビ予防

湯船にレモンを入れると浴室のカビ予防になります。

レモンに含まれるリモネン・クエン酸には
殺菌と消臭効果があるんです。

レモンを包丁で切って湯船にいれるだけです。
※輪切りでも丸ごとでもOK!

冷蔵庫のゴムパッキンのカビ予防

ロウソクを冷蔵庫のゴムパッキンにこすって塗ります。

ロウソクはコーティング剤となり1度塗ると1か月ほど持ちます。

スポンサーリンク

 - 情報番組・エンタメ ,